お肌のざらつきとさよなら!ぷりツヤたまご肌の作り方

お肌の「ざらつき」をそのままにしていませんか?
お化粧のノリも悪く、見た目のツヤ、ハリ感も失われてしまう「ざらつき」の原因と解決方法をご紹介します。お肌の「ざらつき」とさよならして、「ぷりツヤたまご肌」を手に入れましょう。先ずはスキンケア方法の見直しが必要です!

正しいスキンケアが「たまご肌」を作るカギ!

とにかく先ずは正しいスキンケアを朝晩行う事が重要です。スキンケアでそんなに変わるわけないって思う方も多いのですが、私はスキンケアとは美肌になるために行う事だと思っています。

朝晩のスキンケアで美肌になれないなんて「もったいない!!」です。お肌が変わっていくとスキンケアが楽しくなり、お化粧も楽になる。そんな女性達を沢山見てきた私だからこそ「スキンケア方法次第でお肌が必ず変わる」と言えます。

例えばこちらのお客様は、毛穴が開きやすく、毛穴の黒ずみ、小鼻の赤み、全体的にお肌のざらつき、ごわつきがお悩みでしたが、正しいスキンケアを行った結果、ご本人も驚くほどお肌が変わりました。

使う物を変えるだけで、こんなにも変わるのです。お客様のお肌の悩み、肌質、肌年齢に合わせて「確実に効果を実感できる化粧品」をご提案している当サロンだからこそ、褒められるほどの美肌に生まれ変われるのだと思っています。

お肌のざらつきの原因

ツヤのある滑らかな潤いのある「たまご肌」になるためにはお肌のざらつき、ごわつきのないお肌であること。そして理想的なお肌を目指すには、なんといってもお肌の悩みの原因を知ることがとても重要です。先ずは、お肌のざらつきの原因から見ていきましょう。

ターンオーバーの乱れ

私達のお肌は日々、新しく生まれ変わっていて古くなった角質層はやがて垢となって自然にはがれ落ちていきます。このお肌が生まれ変わるサイクルをターンオーバーと言います。

しかし、加齢とともに剥がれ落ちるはずの古い角質がお肌に残ったままになってしまうのです。この残ったままの古い角質こそがお肌のざらつきの原因でもありますが、スキンケア次第でターンオーバーを整えることは可能です。

ターンオーバーが乱れる原因は加齢のほかにも栄養不足、睡眠不足などが挙げられます。生活習慣を見直すことでターンオーバーを正常に保つことができるのです。

毛穴の詰まり

お肌の毛穴からは皮脂という油分が分泌されています。毛穴が汚れで詰まったり、皮脂が過剰分泌したりすると、皮脂は毛穴の中で固まってしまいます。その皮脂の固くなったものを、肥厚といいます。
肥厚が日々たまっていって積み重なると、毛穴の中に固まりがボコボコと詰まっているような状態ですから、お肌を触ったときにザラザラとしているように感じます。

また、角栓が毛穴に詰まっていることも原因の一つ。
角栓は、皮脂がおよそ3割、死んだ細胞と言われる「古くなった角質」がおよそ7割で作られます。しかし誤解してはいけないのは、角栓のない人はいないということ。角栓は皮脂と毛穴があればどうしても出来てしまうものです。また角栓にも、毛穴から細菌やウイルスが入らないようにするという大切な働きがあります。無理に取り除こうとすると毛穴や角質層を傷付けてしまいます。傷に細菌が入り込み、炎症を起こすとニキビになるので注意が必要です。

乾燥と皮脂はとても関係が深く、お肌が乾燥することで危険信号を察知して皮脂分泌を増やすのです。ここで「表面は皮脂で潤っているのに皮膚の内側は乾燥したまま」のインナードライ肌が生まれます。

皮脂の過剰分泌が起こる原因皮脂の過剰分泌が起こる原因に、睡眠不足・ストレスも挙げられます。睡眠不足やストレスは女性ホルモンを減少させ男性ホルモンの分泌を手伝います。男性ホルモンが多く分泌すると皮脂量が増えるため、角栓ができるリスクが高まるのです。他にも、脂質の多い食事を摂っている人も皮脂分泌が多いなど、様々な要因があります。

乾燥

乾燥肌を放置することは、老け肌にまっしぐらと思って下さい。お肌の乾燥はシワやシミ、たるみ、くすみなどさまざまな肌トラブルを引き起こす原因になるだけでなく、ざらつきもまた乾燥によって引き起こされるのです。

お肌の角質層は本来、水分を保持したり紫外線や汚れなどから肌を保護する役割を持っているといわれています。
でも、乾燥によって水分が保持されないと、角質層にすき間があいたり角質がめくれあがったりして、肌のざらつきの原因になることがあるのです。

また、ターンオーバーが乱れていると古い角質が層になって重なりお肌に残った状態になり、化粧水や美容液が肌の内部まで浸透しないという事態を招きます。これでは一生懸命にスキンケアをしていても潤い成分が行き渡らず乾燥肌から抜け出せませんので、ターンオーバーを整えることも乾燥肌から抜け出す一歩です。

乾燥の原因乾燥の原因には季節などの環境や加齢、間違ったスキンケア、睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスなど。
お肌はこれらの原因が複雑に絡み合い、簡単に乾燥を引き起こします。常に水分バランスを整え、維持することでツルツルのお肌が生まれます。また、お肌を守る皮脂膜や内側の潤い成分で健やかなお肌が保たれます。

ぷりツヤたまご肌を作るスキンケア方法

加齢だけでなく生活習慣も深く関わってきますので、お肌がざらついてしまう原因となることは避けたいですが、完璧な方はなかなかいませんね。

しかも一度ザラザラ、ゴワゴワのお肌になってしまうと、そう簡単には「ぷりツヤたまご肌」にはなれません。そこで、スキンケアの見直しが重要になってくるのです。正しいスキンケアを行えば必ずお肌は変わってきます。出来ることから始めて、ざらつきのないお肌を目指しましょう。

クレンジング、洗顔の見直し

スキンケアの8割は洗浄で決まると言われているくらい、洗浄は大切です。正しいクレンジングや洗顔をしていないと、お肌の「ざらつき」や「ごわつき」の原因にもなる毛穴の詰まりや開き、ターンオーバーの乱れ、乾燥にも繋がってしまいます。
さらに、いくら良い美容液やクリームを使っても期待している程の効果は得られません。

でも、メイクや皮脂等の皮膚の汚れはお肌のトラブルの原因になりますが、ただ汚れを落とすだけでは逆効果になります。

大切なのはお肌に必要なものは残して、不要なものだけを取り除くこと。洗浄成分の強い物はお肌のバリア機能もしてくれている油分(皮脂)を落としすぎてしまいます。皮脂にはお肌の表面から水分が蒸発するのを防ぐ役割もあるので、皮脂を落としすぎると乾燥の原因になり、その乾燥を放置し続けると敏感肌の原因にも繋がります。

クレンジングや洗顔のあとツッパリ感がある場合は確実に皮脂の取りすぎです。過去の私は洗浄の大切さを知らなくて、確実に皮脂の取りすぎで乾燥していました。そして、その乾燥を放置し続けた結果、敏感肌になってしまいお肌はボロボロでした。

当サロンのフェイシャルコースでは、クレンジングを必ず行うのですが、みなさん驚きます。ツッパリ感は一切なく、潤いがあり、くすみも取れてなめらかなお肌に生まれ変わります。
一度で変わるわけないと過去の私は思っていましたが、確実なものを正しく使えば必ず変わるものです。お肌の悩みが絶えない方は、先ずクレンジング、洗顔の見直しをお勧めします。

角質ケアが大切

毛穴の詰まりが原因でお肌の上にいつまでも居座っている、厚く古い角質はざらつきだけでなく、シワやシミ、くすみなど様々なお肌の悩みを生み出している根源です。
本来、お肌は「排泄機能」が備わっていますが、正しい洗浄が出来ていなかったり、生活習慣の乱れで排泄する機能が衰えがちな大人肌には、先ずは「お肌本来の排泄機能を補ってあげること」=「角質ケアで不要なものを取り除くこと」も大切なのです。

ターンオーバーが遅くなっているお肌にも角質ケアはお勧めです。角質ケア用品はピーリングやスクラブなどがありますが、角質は溜まりすぎても落としすぎてもいけません。肌質に合うもので、お肌に負担にならない安全な角質ケア用品を使わないと、角質を取りすぎてしまう危険性があります。角質を取りすぎてしまうとお肌を薄め、乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。また、角質ケアの後はいつも以上にしっかり保湿をしましょう。

まとめ

お肌のざらつきの原因は食生活も深く関係してきます。「お肌は内臓を映す鏡」と言われるほど、腸内環境や栄養状態が反映される個所です。 大切なのはバランス。お肉などの動物性タンパク質や甘い物、揚げ物などの食べ過ぎ、冷たい物の取りすぎも腸内環境を悪くする原因になります。

また、睡眠不足や運動不足、ストレスなどが原因でお肌がざらついてしまうほど、お肌はデリケートなものです。でも、原因と的確な改善策を知れば理想のお肌に近づけるものです。

当サロンでは「その場しのぎのケア」ではなく、根本的な原因と改善策をご提案しています。

ご自身のお肌の状態を良く知り、お肌に合った確実な方法でスキンケアをして、理想の「ぷりツヤたまご肌」を手に入れてくださいね。

関連記事

  1. お肌は夏に老ける!?美白ケアには夏でも保湿が大切

  2. 月1のフェイシャルエステだけでは美肌は手に入らない!?確実に…

  3. 肌の乾燥の原因はこれ!潤い肌になるための対策方法

  4. お肌の老化を少しでも遅らせるためには?

  5. 目元集中ケアコース画像

    見た目年齢は目元で決まる!簡単な目元のケア方法

  6. 10年後のお肌を左右する!正しいクレンジング方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。