春の肌荒れの原因と改善方法

少しずつ日差しが温かくなってきて、春の訪れを感じる季節になってきましたね。でも、お肌にとって一年の中で春が一番過酷な季節なのです。

サロンに初めていらっしゃるお客様も「春はお肌が荒れる」と悩んでいる方が多いです。

季節の変わり目は肌荒れが起こりやすいから仕方のないこと。って諦めている女性は必見です!!

目次

春の肌トラブルの改善方法

①肌のバリア機能を保つ!

②乾燥を防ぐ!

この2つが春の肌荒れを改善する方法です。肌のバリア機能が正常で潤いのある肌なら、季節や加齢、環境などの影響で肌トラブルが起きにくくなります。

先ずは春先に肌荒れを起こしてしまう原因から。

春先に肌荒れが起きる原因①花粉や黄砂などの有害物質

春になると花粉の飛散量も増え、黄砂やPM2.5などの有害物質も増えてきます。それらの有害物質が、汗や皮脂とともお顔全体にべったりと付着します。

お肌を保護することも大切ですが、付着したものを「お肌に合った正しい方法で洗浄」することも大切です。

スキンケアの8割は洗浄で決まる!!というくらい、大切な洗浄。

いつもお客様にお伝えしているのが、「お肌に必要なものは残して、不要なものだけ落とす。更に細胞から元気にしてあげることもクレンジングから必要」

スキンケアで一番大切な洗浄方法はこちら
[blogcard url=”https://yuno222.com/skincare/kansouhadacleansing/”]

そして、バリア機能が低下しているお肌ですと、外から刺激を受けやすくなっています。それにより花粉やアレルゲンが肌に侵入するのを防げなくなり悪化すると「花粉皮膚炎」になってしまいます。

悪化してしまうとお顔を洗う事すら刺激になり、化粧水もヒリヒリ、何をするのも怖い。だからこそ、そうなる前にバリア機能を保つことが大切なのです。

春先に肌荒れが起きる原因その②紫外線

夏でもないのに?って思うかもせれませんが、3月くらいから徐々に紫外線量は増えていきます。

紫外線はシミの原因と思われがちですが、他にもお肌への悪影響があります。

紫外線が肌に与える影響 紫外線を必要以上に浴びる、もしくは無防備に浴びる ↓ 活性酸素が増える ↓ ターンオーバー(肌の細胞が生まれ変わるサイクル)が乱れる ↓ 肌内部からの水分拡散を防ぎ、バリア機能を担う「潤い成分」の生成量が落ちる ↓ 肌の乾燥

さらにお肌のバリア機能が低下している状態だと、余計に紫外線の影響を受けやすい状態になっています。

紫外線は様々な理由でバリア機能の低下乾燥へと繋がります。

春先に肌荒れが起きる原因その③冬の乾燥を引きずっている!

冬の乾燥肌を放置しておくと肌荒れが起きやすい状態になってしまいます。そして、そのまま「魔の乾燥スパイラル」へと繋がります。

魔の乾燥スパイラル 乾燥したままのお肌は外部からの刺激を受けやすい状態 ↓ ●春は冬と同様にし津田は低く、朝晩の寒暖差も肌にとってはストレス ●花粉や黄砂などの有害物質の影響 ●紫外線の影響 など、様々な外部刺激を受ける ↓ 乾燥悪化、赤み、痒み、肌がザラザラ・ゴワゴワする、ニキビが出来るなどの肌トラブル ↓ それでもまだ ●肌に合わないスキンケアを続けている ●一年中同じようなスキンケアをしている ●間違ったクレンジングを行っている ●保湿が足りない など、正しいスキンケアを行っていない ↓ 乾燥や肌トラブルの悪化 ↓ 更にバリア機能が低下 ↓ 乾燥肌のまま

いつもお客様にお伝えしているのですが、シワ、たるみ、シミ、ニキビ、などに繋がるので、乾燥を放置することは老化を加速させます。

さらに老化を加速させるだけでなく、敏感肌になってしまい、チョットしたこと(季節や環境の変化や加齢など)でも刺激になり肌トラブルの原因になります。

人は生まれつきバリア機能を持っている!

乾燥肌はバリア機能を低下させてしまうことがお分かり頂けたと思いますが、実は人は生まれつきバリア機能を持っています。

バリア機能とはお肌表面にあるわずか0.02mm(ラップ1枚程度)の角質層が肌の水分を保持したり、外部から異物が侵入するのを防ぐ役割のこと。

角質層の外側には水(汗)と油(皮脂)が混ざってできた膜「皮脂膜」があります。油(皮脂)は、ニキビの原因だったり、顔がテカって肌荒れの原因になったりと悪いイメージがありますが、実はバリアを作ってくれている強い味方なのです。

油分は人の身体で自然につくられる「天然のクリーム」ともいわれています。

油分の役割 ●肌の水分蒸発を防ぎ、乾燥を防いでくれる ●毛穴へ細菌や雑菌の侵入を防ぐ ●最近の繁殖を防ぐ ●摩擦などを減らし、表面を滑らかにする

このような重要な役割を持っています。

でも、「水分量が不足=乾燥」するとお肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌する場合もあります。

皮脂分泌が過剰になると化粧崩れ、テカリ、ニキビ、毛穴の詰まり、お肌のごわつきなどの原因にもつながりますので、大切なのは水分量と皮脂分泌のバランスです。

肌に合った正しいスキンケアが必要です!

美肌になるためには水分量と皮脂分泌のバランスが重要ですが、どうしたらバランスの整った肌を保てるのかというと、先ずは肌に合った正しいスキンケアが必要です。

先ほどもお伝えしたように、お肌のバリア機能はみなさん本来持っている機能。

そして、乾燥については、お肌の細胞達が水分をしっかり抱えて、細胞と細胞の間も水分で満たされていて、更にその水分を逃がさないよにすれば乾燥は防げます。

乾燥知らずのツヤ肌になる方法はこちら [blogcard url=”https://yuno222.com/imayorimotto/kansoutaisakutsuyahada/”]

でも、間違ったスキンケア、睡眠不足、ストレス、食生活の乱れ、喫煙など様々な影響を受けてお肌のバリア機能の低下と乾燥に繋がります。

全てを改善することは大変です。先ずはお肌に合った正しいスキンケアをするだけでも、肌のバリア機能を正常にすることも、潤いを保つことも可能です。

正しいスキンケアとは、ただ高価なお化粧品を使う事でも、毎日、毎回時間と手間をかけることでは無いと思っています。肌質、肌年齢、肌の悩みに合わせて一度で違いが分かる基礎化粧品を使用することが、正しいスキンケア方法です。

正しいスキンケアを行えばば確実に肌は答えてくれます。するとお肌はバリア機能を保ち、乾燥にも負けず、細胞から元気になるので春の様々な影響を受けにくくなるのです。


まとめ

私はこの仕事を始める前は春が大嫌いでした。元々、お肌が最悪な状態だったので春になるとお肌が荒れる荒れる。色々試したけど改善されず、今思うと「魔の乾燥スパイラル」。

その時は、ネットで調べたり有名どころを試したり、時間もお金もかけてきました。でも変わらない。悪化するだけで、諦めていました。

でも、正しいスキンケア方法と出会ってからは冬の乾燥も気にならず、春の肌荒れも起きないので春が一番好きな季節です。

みなさんも正しいスキンケア方法で春の肌荒れとさよならしませんか?

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる