むくみ改善にはミネラルが重要!内側からむくみを解消する方法

むくみ体質を改善するにはミネラルも
重要なことをご存じでしょうか。

ミネラルは体内の水分バランスを
整えてくれる役割があるので
不足するとむくみやすくなってしまいます。

さらにミネラルが不足すると
代謝が落ちてしまい、体内の機能が
十分に発揮されなくなるので、
太りやすくなります。

今回は、むくみ解消やダイエットにも
欠かせないミネラルについてお伝えします。

むくみ解消に重要なミネラルについて

先ずはミネラルについて。

ミネラルとは、
タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミンに並び
5大栄養素の一つです。

体内には僅かしかありませんが、
ないと生命維持することが不可能で
体内で色々な調整をしてくれる栄養素。

そして、ミネラルは体内でつくることができないため、
食べ物などから摂取する必要があります。

必須ミネラルは16種類あります。

【必須ミネラル】
ナトリウム、マグネシウム、リン、硫黄、塩素、
カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、
コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素

現代人はミネラル不足になりやすい

食べ物から補うしかないミネラルですので、
バランス良い食生活が重要になります。

でも、現代人は飽食の時代なのに
ミネラルが不足していると言われています。

【現代人はミネラル不足の記事はこち

その理由の一つが化学農薬、化学肥料の使用で
水や土壌が汚染され、野菜類に含まれる
ミネラルの量が昔に比べて大幅に減っていること。

文部科学省の「日本食品標準成分表」より

土中の微生物も減り、
土に生命力が無くなり、
化学肥料に頼らざるを得ないという
悪循環に陥っています。

1950年と比べると
栄養価が6~10分の1くらいに減っています。

農薬や化学肥料は身体に良くないからという
理由もありますが、
健康な土から採れた作物は、
安全であるだけでなく
ビタミンやミネラルなどのほか
栄養分もとても豊富で、何より美味しいです。

食生活の見直しを始めてから
我が家では生活クラブで注文しています。

宅配じゃなくても、近所で無農薬の野菜が
売っていれば良いのですが、残念ながら無いので
生活クラブで8割くらい購入して、
足りない時は近所のスーパーで買っています。

【生活クラブの野菜はこちら】

毎回美味しくて感動するほど。
お陰で子ども達も野菜が大好きで、
料理していると生のまま、つまみ食いするほど。

野菜ってこんなに美味しいものなんだって
改めて思いました。

生活クラブ以外にも、
パルシステム、らでぃっしゅぼーやなども
野菜の栽培方法にこだわっている宅配はありますので、
一度試してみて下さいね。

摂り過ぎ注意のミネラル

ミネラル不足も問題ですが、
摂り過ぎ注意のミネラルもあります。

あまり食生活を気にせず、
外食、ファストフード、加工食品、コンビニ食、
インスタント食品などを食べることが多い方は
ナトリウムやリンを過剰に摂ってしまう恐れがあります。

ナトリウムは主に食塩(精製塩)に含まれています。
家庭で食塩を使っている方は、
ミネラルバランスの良い天日塩に変えるのがお勧めです。

【塩の選び方はこちら】

ナトリウムを過剰に摂取すると、
高血圧・胃がん・食道がんなどのリスクを
高める
といわれています。

そして、リンは魚介類、穀類、卵類、肉類、乳製品、
豆類、多くの食品に含まれているため、
一般的な食生活のなかで不足してしまうことは
ほとんどありません

でも、リンを摂り過ぎると、
カルシウムの吸収が妨げられてしまいます

また、長期間にわたってリンを摂り過ぎると、
腎機能が低下してしまうなどの問題が
生じることが分かっているそうです。

食品添加物にも多量に含まれていますので、
外食や加工食品を頻繁に利用するする方は、
摂り過ぎに気を付ける必要があります。

上手にミネラルを摂る方法

ミネラル不足や過剰摂取を避けるには
良質な食材でなるべく手作りが一番だと言うことです。

野菜や天日塩の他にも
ミネラルを摂る方法があるのでご紹介しますね。

先ずは乾物です。
地味な食材ですが乾物って実は凄いです。

カルシウムやビタミン類、ミネラルが豊富に含まれ、
「日に干す」ことによって生の食品では少ない
栄養素を摂ることもできます。

例えば切り干し大根に含まれるカルシウムは
生の大根に比べ約23倍、鉄は約49倍。

【乾物の栄養価はこちら】

あと、昔ながらの和食中心の食生活をしていれば
牛乳を飲まなくても自然とカルシウムは摂れます。

和食はミネラルも豊富で身体にも良いからこそ、
私は和食8割の食生活をお勧めしています。

必ず我が家にある乾物は、
昆布、鰹節、干し椎茸、いりこ、干しエビ、
切り干し大根、海苔、ひじき、高野豆腐、麩など。

ミネラルたっぷりの手作りふりかけもお勧めです。
海苔、いりこ、昆布、干しエビ、ごまなど
お好きな乾物と天日塩をミルにかけるだけ。

これでおにぎり作ったり、
納豆に入れて食べても美味しいです。

他にもシジミやアサリ、牡蠣などの貝類、
胡麻やナッツ類などにもミネラル豊富ですので
意識して食べるようにしています。

そして、
鉄分を摂るためにも鉄のフライパンを使っています。

以前はフッ素加工のフライパンを使っていましたが、
使っているうちに加工が剥がれて焦げるので
何度も買い替えが必要なのと、
身体にもあまり良くないことを知り
鉄のフライパンに変えました。

ちなみに26センチで5千円、卵焼きで4千円くらいでした。
【Amazonはこちら】

難しそうなイメージがありましたが、
使い方は超簡単でした。
しかも一生使えて、料理が上手になります。

調理前にしっかり予熱をすれば焦げないし、
使い終わったら余熱があるうちに
たわしで水洗い(洗剤不要)して、
火にかけて乾かすだけ。

そして、水分補給にはビデンスティーです。

宮古島のミネラル豊富な土壌で、
無農薬、無堆肥で育てられた
ビデンスピーサという薬草が原料のお茶です。

別名、デトックスティーとも呼ばれていて、
雑誌ananでは
【むくみを改善するお茶】として紹介されたり、
お客様達からも嬉しいご感想を頂いていて
ファンの多いビデンスティー。

ミネラルだけでなく、
30種類以上ものポリフェノール(抗酸化成分)も
含まれています。

【ビデンスピローサの詳細はこちら】

いつもお伝えしている通り、
不要なものをなるべく身体の中に入れないことが、
むくみだけでなく身体の不調を改善する一番の近道です。

市販のお茶は大量の農薬を使用しているので、
ここも見直すと変わってきますよ。

ミネラルの消費を避ける

いくらミネラル不足や過剰摂取を避けるために
意識しても、ミネラルの消費をさけることも大事です。

普段の生活の中でビタミン・ミネラルが
大量に消費される場面は数多くあります。

引用:分子化学生理研究所より

ミネラルを補うためにサプリを利用する手もありますが、
サプリはあくまで補助食品です。

先ずは食材の質を変え、
なるべく手作りをした方が
身体が変わるのを実感するのが早いと思います。

大変そうなイメージがありますが、意外と簡単ですよ。
しかも美味しいです。

不調が増え続けて、
色々なことにお金をかけるよりも、
根本を改善したほうがメリットが多いです。

でも、どうしたら良いか分からない。
何から始めたらいいか分からない。
そんな女性は根本改善のプロに任せてみませんか?

\健康的に美しくなれる方法を配信中/ご登録時に500円OFFクーポンプレゼント

関連記事

  1. これを改善しないと一生むくみで悩み続ける!?顔がむくみやすい…

  2. お肌の乾燥対策にはスキンケアだけでなく水分補給も保湿には大切…

  3. そのままではスキンケアの効果が半減!?美肌力を底上げする方法…

  4. 便秘はむくみの大敵!便秘を根本から解消して健康美を手に入れる…

  5. お肌の老化を少しでも遅らせるためには?

  6. 減塩より質が大切!むくみ改善&予防の塩の選び方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。